12月13日(水) 会場:みんなのキッチン



ものづくりや体験を通して、楽しみながら、頭を柔らかくする「ロクマル算数脳トレ」。
手作業やものづくりが好きな方、子どもや孫にちょっと自慢できる算数スキルを身に付けたい方、少し凝ってしまった頭を柔らかくしたい方など、どなたでも気軽に参加いただけます。

具体物や身近な材料を使ったワークショップ型の算数教室です。「算数ってこんなに面白かったのか!」と感動したり、新たな発見や多様なものの見方ができるようになれたらいいですね。

2017年10月11日(水)・11月8日(水)・12月13日(水)10:00~11:30
会 場:みんなのキッチン(横浜市営地下鉄センター南駅徒歩4分)
参加費:500円 コーヒー付き

★単発でも受講できます

予約制

申込み:NPO法人ロクマル
TEL: 045-944-1714(平日10時〜18時受付)

1.カラフルな木製ブロックを並べて、図形を作ってみよう


正三角形(緑)、正方形(橙)、菱形(青と白)台形(赤)、正六角形(黄)の6種類からなるカラフルな木製ブロック(パターンブロック)。
このブロックで模様を作ったり、並べたり、組み合わせたりすることで、「図形の不思議」や「図形の美しさ」を発見できます。頭をやわらかくする脳トレにピッタリ。
慣れてきたら、2020年の東京オリンピック、パラリンピックのマークも作ることができます。

2.輪かざりの不思議発見!

七夕飾りなどでおなじみの輪かざり。つなぎ方やねじり方、つなぐ個数を変えることで、意外な形が現れます。おもしろく、不思議な体験をしながら、そこに潜む数理も考えてみます。

3.和算で「すきな食べ物あてクイズ」「誕生日あてクイズ」に挑戦

江戸時代、遊びを通して「数」や「形」を楽しみながら学んだ「和算」。そのうちの一つ「目付け絵」を体験します。
今回は食べ物15種類の中から、相手が選んだ「すきな食べ物」を言い当てるクイズをやってみましょう。その中に潜む数理も考えてみます。

その応用で、相手の誕生月、誕生日当てクイズにも挑戦。このクイズをパーティーや集まりの中で披露すれば、あなたもエンターテイナーに!

福岡 八重子さんプロフィール


神奈川県公立小学校校長をつとめ、現在青山学院大学非常勤講師。

〈社会的活動〉

○ハンズオン・マス研究会所属(※)
※算数・数学の授業において体験的な活動を通して、子ども達の創造的・発展的な学習の具現化を目指して結成された研究会。会員は主に教員、教育関連企業関係者、学生等。創立時(1998年)より属し、幹事として研究と普及活動に携わり、現在に至る。

○体験型ミュージアム「パナソニック・リス-ピア」にて親子対象のワークショップの講師を務め、のべ1000名を指導。
○文部科学省「現行小学校学習指導要領解説」(算数編)作成協力者。

※手を動かして算数を学ぶ。それは「算数を体験する」ということ。
本当に価値あるアイデアは、試行錯誤の中から生みだされる。何度も何度もやり直して正解に出会う喜びを知っている人は、本当の学びを愉しめる人。学びを愉しめるようになると、理解は納得へと深まっていく。 (ハンズオン・マス研究会代表 坪田耕三著「算数的思考法」(岩波新書)より)

ロクマルイベント参加申込みフォーム

お客さまから取得した個人情報は、NPO法人ロクマルが適切に管理いたします。
お申込みいただいたイベントに関する連絡、お客様への確認等に使用いたします。

必須項目*には、必ずご記入ください。


◆参加ご希望の催しを選択してください*

◆参加人数

◆同行者のお名前をご記入ください

◆ロクマルに期待すること


お名前(フルネーム・漢字)*

お名前(フルネーム・カナ)*

メールアドレス*

ご住所(市区町名まで)*

電話番号*

FAX番号

年齢

職業・活動

ご意見・ご質問・自己PRなど何でもどうぞ


最初に何を見て申し込もうと思いましたか?
※複数回答可 ctlキーで選択してください


その他を選んだ方は、内容をご記入ください。

ロクマルのメルマガ配信を希望しますか?
希望する 希望しない 登録済

ロクマル会員(2017年4月1日~2018年3月31日)について

【お願い】確認画面は出ませんので、送信する前に今一度ご確認ください。